MENU

杏林大学医学部附属病院

臨床

臨床

杏林大学医学部付属病院・高度救命救急センターは30床の集中治療ベッドと、3つの3次初療室を有し、Trauma and Critical Careの頭文字を取ってTCCと呼ばれています。

臨床

当救急医学教室は主に外傷、熱傷、心肺停止、敗血症などの重篤な患者の診療をおこないます。3次救急搬送される患者数は年間2000件程度であり、救命救急センターに入院した患者の集中治療を行いながら、3次救急対応もしています。
3次初療室に隣接して、血管造影室や手術室の設備を有しており、緊急血管造影や緊急手術に速やかに移行することが可能です。

臨床
臨床
臨床

また、これらの設備に隣接して320列の高精度CTを配備しており、重症外傷における全身CTスキャンや、膿瘍などに対するCTガイド下穿刺ドレナージもおこなっております。

1日の流れ

日々の診療は2チームで構成され、それぞれが担当患者の診療をおこないます。当教室は自己完結型の救命救急センターの形をとっているため、各sub-specialtyを有するスタッフをバランスよく配備しています。

メンバー

各sub-specialtyの領域に研鑽を積んだ者は、そのスキル維持をするためにも、定期的に当該診療科で研修や勤務をおこなっております。
高度救命救急センターとして重症・広範囲熱傷患者を受け入れたり、総合周産期母子医療センターとして重症母体搬送にも対応しております。初期診療から退院まで一貫して関わることによって、「救命」するだけではなく「社会復帰」も目標に日々診療に取り組んでおります。

臨床
臨床

教室について

PAGETOP